I wish I was special

Creep – Vintage Postmodern Jukebox Radiohead Cover ft. Haley Reinhart

Advertisements

スキャパレリの「十二戒」/ Schiaparelli’s 12 Commandments for Women

「ショッキング・ピンクを生んだ女」/ The Autobiography of Elsa Schiaparelli

シャネルと言えば、ご存じない方は少ないでしょう。スキャパレリは、どうですか?同じ時代にファッションの世界を生きた人です。

でも、彼女自身は、特にファッションを志していたというわけでもなく、むしろ詩人が生きるために展開したお商売のひとつという感じ…。

2012年の夏には、米メトロポリタン美術館で、「スキャパレリ&プラダ展」が開催されたり、スキャパレリの名を冠したクチュール・サロンが、パリにオープンしたり。(パリのヴァンドーム広場にある、このサロンは、1930年代に彼女自身がコレクションを発表したのと同じ場所だそうです。)(http://www.schiaparelli.com/en

さて、そんなスキャパレリの言う「女性のための十二戒」。

1・自分自身を知らない女性が多いが、知ろうとするべきである。
2・高価なドレスを買っては取替え、よく悲惨な結果になる女性は、
無駄遣いをしているし、ばかである。
3・たいていの女性(および男性)は色がわからない。
忠告を求めるべきである。
4・覚えておいてほしい。女性の20%は劣等感を持っている。
70%は幻想を抱いている。
5・90%は、自分は派手なのではないかと悩み、
人にどう言われるか気になっている。
だから、グレーのスーツを買う。
思い切って違うものを選んでみるべきである。
6・女性は適格な人物の批評や助言を聞いたり、求めたりするべきである。
7・服を選ぶときは、ひとりで選ぶか、男性と一緒に選ぶべきである。
8・女性とふたりで買い物をしてはならない。
故意もしくは無意識に、相手に嫉妬することになりやすい。
9・買うのは少しだけにする。
そして一番いいもの、もしくは一番安いものを買うべきである。
10・ドレスを体に合わせるのではなく、ドレスに合うよう身体を鍛えること。
11・自分のことをわかっていて尊重してくれるような店、
主に一軒で買うべきであり、流行を追い回そうとしないこと。
12・そして、支払いは自分ですること。

ん?と思うところもありますが、我が意を得たり!と膝を打つ部分もありますね。ヒントになれば幸いです。

Everybody knows who Coco Chanel is. How about Elsa Schiaparelli?
She is regarded as one of the most prominent figures in fashion along with Coco Chanel.

However Elsa is more of a poet rather than a fashion designer.
She wasn’t specifically aiming to be a designer.
Fashion was one of the ways for her to make a living.

The Metropolitan Museum of Art in New York City held this exhibition called “Schiaparelli and Prada: Impossible Conversations” in Summer 2012.
Also, a courure salon named Elsa Schiaparelli opened in Place Vendome in Paris that is the very place where Elsa Schiaparelli held fashion shows in the 1930’s.(http://www.schiaparelli.com/en

She talked about “12 Commandments for Women”
1. Since most women do not know themselves, they should try to do so.
2. A woman who buys an expensive dress and changes it, often with disastrous result, is extravagant and foolish.
3. Most women (and men) are colour-blind. They should ask for suggestions.
4. Remember, 20 percent of women have inferiority complexes, 70 percent have illusions.
5. Ninety percent are afraid of being conspicuous, and of what people will say. So they buy a gray suit. They should dare to be different.
6. Women should listen and ask for competent criticism and advice.
7. They should choose their clothes alone or in the company of a man.
8. They should never shop with another woman, who sometimes consciously, and often unconsciously, is apt to be jealous.
9. She should buy little and only of the best or the cheapest.
10. Never fit a dress to the body, but train the body to fit the dress.
11. A woman should buy mostly in one place where she is known and respected, and not rush around trying every new fad.
12. And she should pay her bills.

Some commandments are questionable but I’m sure you mostly agree with them. I hope it helps.

マルタのやさしい刺繍/ Late Bloomers (German: Die Herbstzeitlosen)

スイスの小さな村に住む80歳のマルタは、 最愛の夫に先立たれ、沈む気持ちで毎日を過ごしていました。

ある日、彼女は忘れかけていた若かりし頃の夢、「自分でデザインして刺繍をした、ランジェリー・ショップをオープンさせること」を思い出すのです。

しかし保守的な村では、彼女の夢は冷笑されるばかり。

それでも友人たちと共に、夢を現実にするために動き出します。
頑張るマルタと彼女を支える仲間たちの夢と希望の輪。
変化を恐れるのではなく、それをチャンスとし、
新しい一歩を踏み出すことで、勇気を形にしていくのです。

監督の伝えたいことが、とてもわかりやすく、
過不足なしに伝わってきます。

夢を現実にしようとする際、年齢は関係ありませんね。

An 80-years-old widow Marta from a small village in Switzerland was feeling down after her beloved husband passed away.

One day she called up the dream of her young days to open a chic lingerie shop and sell lingerie that she designed and embroidered on her own.

However the conservative community sneered at her and her dream.

With support of her friends, Marta began to take actions to make her dream come true.

You will see the circle of dream and hope that Marta and her friends create while striving for success.

They took a chance, not being afraid of change.
They turned their courage into action and took a step forward.

The message of the movie is very clear and straightforward.

It’s never too late or too soon to live your dream.

Go!Girls!

『ローラーガールズ・ダイアリー(Whip It)』は、 幼い頃から女優として仕事をしているドリュー・バリモアの初監督作品です。彼女自身も出演しているのですが、作品の早い時間帯で顔面鼻血だらけになっているシーンに、とても好感が持てました。

主演のエレン・ペイジも素晴らしく、感情その他を 「歩き方」で表現するのが、本当に上手いのです。

主人公の選択、そこでの新たな努力、
いわゆる「根性」のようなものを見せるお話というのは、
観ているほうも、やる気が出ます。

恋は、その副産物だというのも、よくわかると思います。

This is the directorial debut of the former child star, Drew Barrymore.

She’s also in the movie and I especially liked that she showed her face covered with full of blood from nose in early scene. The heroine Ellen Page was also brilliant. I’m amazed how she shows emotions just by walking.

In inspiring movies, lead characters often showed some guts making decisions and tackling new challenges. Romance is usually byproduct in the journey.

 

From an Early Age

ジョージア・オキーフとレイ・カーツワイル/ Georgia O’Keeffe and Ray Kurzweil

From the time she was just a young girl,
Georgia O’Keeffe viewed the world in her own way.

そう、“in her own way”…。
Yes, “in her own way”…

ジョージア・オキーフ(1887年11月15日 – 1986年3月6日)。
70年にも及ぶ長いキャリアを、風景、花、そして動物の骨をテーマに描き続け、 生涯のほとんどをニューメキシコの荒野で過ごし、98歳まで生きました。

Georgia O’Keeffe was born on a farm in Wisconsin in 1887.During 70 years of her long career as an artist, she painted sceneries, flowers and animal sculls. She lived in a desert in New Mexico most of her life and lived up to 98years old.

この絵本は彼女の手によるものではありませんが、
簡単な伝記として、彼女の存在を示すのには十分ではないかと思いました。

冒頭部分を紹介します。

This picture book is not written by Georgia but this book shows enough of her presence as a short biography.
I’ll share the opening of the book.

***

ジョージア・オキーフは1887年、ウィスコンシン州の農場に生まれた。
Georgia O’Keeffe was born on a farm in Wisconsin in 1887.

12歳のときには、もう、じぶんが何になりたいか、わたしは知っていた。
— わたしは芸術家になるのだ。
When I was twelve years old, I knew what I wanted — to be an artist.

「じぶんが何をしたいか、わたしにはいつもわかっていた・・・」
小さいときから、何時間も、何時間も、何時間も、たった1人で遊んで、へいきだった。
「1人ぼっちというのは、すばらしいことだった」
I’ve always known what I wanted…
When I was small
I played alone for hours and hours and hours.
I was satisfied to be all by myself.

「わたしがしたことは、人のしないことだった」
妹たちはサッシュ(飾りおび)を着けた。— わたしは着けなかった。
妹たちは長くつしたをはいた。— わたしは何もはかなかった。
I did things other people don’t do.
When my sisters wore sashes — I didn’t.
When my sisters wore stockings — I did’t.

妹たちが、髪を3つ編みにしたとき、—
わたしは、黒い髪をほどいて、風になびかせた。
And when my sisters wore braids —
I let my black hair fly.

When I was twelve years old, I knew what I wanted — to be an artist.
I’ve always known what I wanted…
When I was small
I played alone for hours and hours and hours.
I was satisfied to be all by myself.
I did things other people don’t do.
When my sisters wore sashes — I didn’t.
When my sisters wore stockings — I did’t.
And when my sisters wore braids —
I let my black hair fly.

***

彼女は自分が知っていた通り、画家になり、絵を描き続けます。
多くの人が羨ましく思う人生のひとつかもしれません。

Georgia became an artist and kept painting as she knew from her childhood.It might be one of the lives that many people are jealous.

「ここはわたしの居場所」画家オキーフが本当に望んでいた人生――晩年の家をめぐる

これは、美しい本です。
This is a beautiful book. 

 

 

*****

そして、もう一人、思い出しました。
『ポスト・ヒューマン誕生』のレイ・カーツワイル博士です。
http://www.kurzweilai.net/

She reminded me of another person.

Dr. Ray Kurzweil who wrote “The singularity is near – when humans transcend Biology”

***

5歳のとき、発明家になると心に決めた。発明家は世界を変えることができると思っていた。まわりの子どもたちが、大きくなったら何になろうと言い合うのを見て、わたしは、自分が何になるのかわかっていると、すっかり得意になっていた。その頃、月に行く宇宙船を作っていたがそれは失敗に終わった (ケネディ大統領が国家的事業に乗り出すほぼ10年前のこと)。だが、8歳になる頃には、もう少し現実的な発明をするようになっていた。機械的な仕掛けで場面や登場人物を出したり引っ込めたりできるロボット劇場とか、
仮想の野球ゲームだとかを。

When I was five years old, I decided to become an inventor.
When other kids were talking what they wanted to become when they grew up,
I was puffed up with clarity and certainty about what I was going to become.
Back then I was making a spaceship to the moon but it failed. (It was about 10years before President Kennedy launched a national endeavor) However by the time I became eight, I was creating a little more realistic invention such as a robot theater that dolls come in and out with mechanical device and a virtual baseball game.

***

幼い頃に自分は「これ」になるんだと決めた「それ」になれる/なる人は、多くはないでしょう。
でも、何歳になっていても「これ」になるんだと決めれば、ある程度は、どんな形であれ、「それ」になれるのではないでしょうか。

わたしは、その「システム」を選びます。

Not many people become or can become what they decided to be when they were young, but no matter how old you are once you decide what to become, you can be that in any way to some extent.

I choose that “system.”