From an Early Age

ジョージア・オキーフとレイ・カーツワイル/ Georgia O’Keeffe and Ray Kurzweil

From the time she was just a young girl,
Georgia O’Keeffe viewed the world in her own way.

そう、“in her own way”…。
Yes, “in her own way”…

ジョージア・オキーフ(1887年11月15日 – 1986年3月6日)。
70年にも及ぶ長いキャリアを、風景、花、そして動物の骨をテーマに描き続け、 生涯のほとんどをニューメキシコの荒野で過ごし、98歳まで生きました。

Georgia O’Keeffe was born on a farm in Wisconsin in 1887.During 70 years of her long career as an artist, she painted sceneries, flowers and animal sculls. She lived in a desert in New Mexico most of her life and lived up to 98years old.

この絵本は彼女の手によるものではありませんが、
簡単な伝記として、彼女の存在を示すのには十分ではないかと思いました。

冒頭部分を紹介します。

This picture book is not written by Georgia but this book shows enough of her presence as a short biography.
I’ll share the opening of the book.

***

ジョージア・オキーフは1887年、ウィスコンシン州の農場に生まれた。
Georgia O’Keeffe was born on a farm in Wisconsin in 1887.

12歳のときには、もう、じぶんが何になりたいか、わたしは知っていた。
— わたしは芸術家になるのだ。
When I was twelve years old, I knew what I wanted — to be an artist.

「じぶんが何をしたいか、わたしにはいつもわかっていた・・・」
小さいときから、何時間も、何時間も、何時間も、たった1人で遊んで、へいきだった。
「1人ぼっちというのは、すばらしいことだった」
I’ve always known what I wanted…
When I was small
I played alone for hours and hours and hours.
I was satisfied to be all by myself.

「わたしがしたことは、人のしないことだった」
妹たちはサッシュ(飾りおび)を着けた。— わたしは着けなかった。
妹たちは長くつしたをはいた。— わたしは何もはかなかった。
I did things other people don’t do.
When my sisters wore sashes — I didn’t.
When my sisters wore stockings — I did’t.

妹たちが、髪を3つ編みにしたとき、—
わたしは、黒い髪をほどいて、風になびかせた。
And when my sisters wore braids —
I let my black hair fly.

When I was twelve years old, I knew what I wanted — to be an artist.
I’ve always known what I wanted…
When I was small
I played alone for hours and hours and hours.
I was satisfied to be all by myself.
I did things other people don’t do.
When my sisters wore sashes — I didn’t.
When my sisters wore stockings — I did’t.
And when my sisters wore braids —
I let my black hair fly.

***

彼女は自分が知っていた通り、画家になり、絵を描き続けます。
多くの人が羨ましく思う人生のひとつかもしれません。

Georgia became an artist and kept painting as she knew from her childhood.It might be one of the lives that many people are jealous.

「ここはわたしの居場所」画家オキーフが本当に望んでいた人生――晩年の家をめぐる

これは、美しい本です。
This is a beautiful book. 

 

 

*****

そして、もう一人、思い出しました。
『ポスト・ヒューマン誕生』のレイ・カーツワイル博士です。
http://www.kurzweilai.net/

She reminded me of another person.

Dr. Ray Kurzweil who wrote “The singularity is near – when humans transcend Biology”

***

5歳のとき、発明家になると心に決めた。発明家は世界を変えることができると思っていた。まわりの子どもたちが、大きくなったら何になろうと言い合うのを見て、わたしは、自分が何になるのかわかっていると、すっかり得意になっていた。その頃、月に行く宇宙船を作っていたがそれは失敗に終わった (ケネディ大統領が国家的事業に乗り出すほぼ10年前のこと)。だが、8歳になる頃には、もう少し現実的な発明をするようになっていた。機械的な仕掛けで場面や登場人物を出したり引っ込めたりできるロボット劇場とか、
仮想の野球ゲームだとかを。

When I was five years old, I decided to become an inventor.
When other kids were talking what they wanted to become when they grew up,
I was puffed up with clarity and certainty about what I was going to become.
Back then I was making a spaceship to the moon but it failed. (It was about 10years before President Kennedy launched a national endeavor) However by the time I became eight, I was creating a little more realistic invention such as a robot theater that dolls come in and out with mechanical device and a virtual baseball game.

***

幼い頃に自分は「これ」になるんだと決めた「それ」になれる/なる人は、多くはないでしょう。
でも、何歳になっていても「これ」になるんだと決めれば、ある程度は、どんな形であれ、「それ」になれるのではないでしょうか。

わたしは、その「システム」を選びます。

Not many people become or can become what they decided to be when they were young, but no matter how old you are once you decide what to become, you can be that in any way to some extent.

I choose that “system.”

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s